2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

チューリップ成長日記

  • 1号&3号
    パンジーとチューリップ4種類を植えました♪ チューリップの名前を書き留めて球根を買ってきたのに、無くしてしまって・・・。名前が分かりません。 1個だけ咲いてくれたので、分かりました~♪♪良かった♪ 1号?2号?3号? 4号:赤 :チューリップ・プラエスタンス・フッシリア

志賀高原&白根山

  • 弓池
    大沼池・白根山・・・其々、池の色が神秘的です。

ベランダの仲間です♪

  • ミニひまわり
    お気に入りの仲間です♪
無料ブログはココログ

« 地球の水 | トップページ | 夏の思い出。東京湾大華火祭 »

虹の郷

突然、無性に外国の空気に触れてみたくなる衝動にかられる時がある。
アジアもいいけど、ヨーロッパもいいな~。。。などと旅行代理店のパンフレットをひろげてみる。
しかし、現実は厳しい。
派遣はお休みが少ないのだ。sweat02
仕方ない、日本で我慢しよう。差し詰め、日本で外国を味わえる。。。と言えば、長崎だろうか。
味わえる。。。と言ってもだが。sweat01
あ、もっと近場にあるぞ。以前(私の以前は10年前だ)、いや、もっと前に行ったことがあるshine
そう、修善寺だ!!
修善寺 虹の郷だ。
たしか、イギリス村とカナダ村があり、広い園内は機関車の鉄道とバスが通っていたぞ。
カナダ村ではキコリのショウを上演していて、大盛況だった。
大きな丸太をノコギリで切るショウだが、誰が一番早く切ることができるかの競争だ。
一番の見どころは、ローズガーデンとフェアリーガーデン。
バラ園だが、西洋式に綺麗にデザインされていて、噴水やオブジェがあり、バラが一面に咲き乱れる様は
見ごたえがあった。
行ってみようかshine
・・・・という訳で何十年ぶりだろうか、虹の郷にやってきた。

P1030498jpg1_8

まだあった!!
ん~ん。建物の感が当時のままだ~。
正面入り口ゲートからイギリス村。街の建物も、古き良き時代の建築様式だ。
ちょうど15年前くらい経つだろうか。以前に来た時と同じゲートにちょっと安心。

P1030507jpg1_6 とても懐かしく、久々に来てみると当時の面影もなく随分と鄙びてしまっている、というケースが良くあるが
ここは大丈夫だった。shineそれにしては、綺麗に保たれていて、少々驚き。(失礼?)

P1030508jpg1_4P1030509jpg1_2イギリス村のロムニー駅。

園内はロムニー鉄道とロムニーバスが
走っていて、それぞれ何種類かある。

右横は、ジョン・サウスランドⅡ号。
他にもトーマスみたいは機関車がある。
子供には嬉しい企画♪飛びつきたいだろう。
・・・・が。人が居ない。sweat01
本日、確かに休前日 だが。

P1030513jpg1P1030523jpg1連休の人ごみを避け、平日を狙ったのだから、そこはラッキーと思うこととしよう♪

イギリス村を抜けて日本庭園。

行き交う人が「しゃくなげの森」を勧めてくれた。今が見頃だそうです。
”しゃくなげ”って日本の花じゃないのね。

広大な日本庭園を抜けて、いよいよ私のお待ちかねのロイヤル・ローズ・ガーデン。P1030524jpg1_2

あら?バラがない!!
あらら。。らら。時期が早かったぁ~sign04  ショック。一番の楽しみだったのに。。。
本当なら、あたり一面バラの国のはずです。down

P1030534jpg1_2はい。はい。
大丈夫。
この閑散状態にも、ようやく慣れてきましたよ。

カナダ村です。

やっぱり、人はいません。

チラホラ・・・という感じです。
でも、お店はちゃんとオープンしています。
店員さんもキチンとした応対。
感心。感心。
(群馬クローネンベルクのドイツ村より寂しくないぞ)

・・・と言っても、カナダ村には、この閑散状態がすごく似合っています。
カナダ!ってこんな感じ?(叱られそうですが。。。)
昔、カナダに行った時の私のイメージは、おじいさんと芝生。広い庭。植え込みした花時計。ゆったりとした時間。。。。です。(笑)

P1030533jpg1_4

おじいさん達がなにやら話をしていました。
家の後ろには、あ・ありました、カナダの国旗の”植え込み”です。w
P1030530jpg1
P1030527jpg1Romney Bus。
左が”ブライトン”
右が”ブリタニア”

乗車料金(片道)
大人:
200~400円
子供:
100~200円

ちょうどバスがやってきた。

P1030553jpg1

そろそろ歩き疲れた頃に機関車もやってきた。蒸気機関車だ。
すかさずガイドブックを開く。・・・ノーザン・ロックⅡ号らしい。 さぞかし、子供は喜び、乗りたがって大変だろう。。。。などと思っていると、行き交う中学生グループは見向きもしない。sweat01
良く見ると、いつの間にか園内には、遠足?だろうか、中学生が大勢いる。
でも、機関車に乗っているのはお年寄りだけ。・・・思春期の子供にはもう”子供だまし”なのかな~
人が乗っていなくても、カメラも向けて貰えなくても、真面目にちゃんと走る、機関車くん。エライ。エライ。
老人と子供に愛されてる機関車だもの、本望だよね。
。。。しっかり、カメラ向けてしまった私は。。。。老人なのでしょうね~。。sign04
気がつくと、バスと機関車の写真が多い。sweat02
とりあえず、”虹の郷”ここに健在!!
良かった。次回はバラの咲く時期に来よう!

« 地球の水 | トップページ | 夏の思い出。東京湾大華火祭 »

自然・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/240967/36419449

この記事へのトラックバック一覧です: 虹の郷:

« 地球の水 | トップページ | 夏の思い出。東京湾大華火祭 »