2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

チューリップ成長日記

  • 1号&3号
    パンジーとチューリップ4種類を植えました♪ チューリップの名前を書き留めて球根を買ってきたのに、無くしてしまって・・・。名前が分かりません。 1個だけ咲いてくれたので、分かりました~♪♪良かった♪ 1号?2号?3号? 4号:赤 :チューリップ・プラエスタンス・フッシリア

志賀高原&白根山

  • 弓池
    大沼池・白根山・・・其々、池の色が神秘的です。

ベランダの仲間です♪

  • ミニひまわり
    お気に入りの仲間です♪
無料ブログはココログ

自然・風景

Mt.Fuji

最近、なにかと話題のスピリチュアルスポット。元気をもらえるとあらば、やっぱり行ってみなくては。
さて、何処へ。。。色々あれど、日本人なら先ず、富士山でしょう。shine
富士山といえば、高校生くらいだっただろうか、父と6~7合目まで登った事を思い出す。
(不確かだが、多分 6か、7合目だろう。)
近所をドライブ中に突然、「富士山に行ってみよう!」と言いだし、(どちらが言い出したかは覚えていないが、たぶん父だったと思う)父はビーチサンダルに短パン・Tシャツ。私はサンダル・ワンピース姿。
五合目まで車で行き、2人も当然の様に登りだした。こんな格好だが、当たり前に、登る気だ。当然、頂上までいけるとは思ってはいないが、そこに2人共、全く躊躇はなかった。・・・全く、今考えると、ナメた親子だ。sweat02
遭難なぞしようものなら、間違いなく世間に非難されたであろう。sweat02五合目の駐車場に車を置き、暗黙の了解で当然のごとく富士山を登り始め、6?7?合目位だろうか、寒くて売店でラーメンを食べ(当時、素ラーメン700円だった)また頂上を目指したが、やはり真夏でも寒さに耐えかねて下山した事を思い出す。
9月の連休。久々の富士へ。
P1030732_4口湖のホテルを11時にチェックアウト。富士スバルラインに向かう。
ん?車が渋滞???ここから???
放送が流れてる。テロップが流れてる。
「只今、五合目駐車場は6時間待ちです。」
えっろく時間ですかsign02

諦める人、続出。P1030737_4


でも、とりあえず、行けるところまで。。。と富士スバルラインのゲートを入る。往復 2,000円だ。
青木ヶ原樹海を抜け、軽快に登り始める。
いつ渋滞で進めなくなるかわからないので5合目までのドライブを楽しむことにする。
後ろの車に道をゆずり、景色を観ながら急がず、ゆっくりと走る。
最初の駐車場。トイレを作っている最中だった。
眼下には、今通って来た樹海が広がる。
渋滞・待ち時間6時間・・・と脅かされたせいか、以外にすいている道路と樹海景色に2人共この時点で既に満足している。

いいものP1030766発見shine

奥庭自然公園です。
行ってみなくては。。
こんな道を下りて行くと、売店があった。P1030776
一眼レフを構えたカメラマンが10人以上何かを待っていた。心、ワクワク。
もしかして、芸能人?どんな有名な人が出てくるのだろう??好奇心むき出しで聞いてみた。
・・・鳥だった。野鳥の会のみなさんでした。sweat02P1030797fuji_5

奥庭自然公園の遊歩道を展望台めざして歩いていると、突然ひらけた場所に出た。
振り向くと、”おおっ””ふじsign03
これは嬉しい御褒美でした。駐車場から、かなり歩いたけど、来た甲斐がありました。
気を良くして、いざ五合目へ。

P1030811

やっと着きました。やはり、五合目の駐車場手前で満車になっていて、1.5Km歩いての到着です。
でも、来れた。
なんだか、日本一高い場所とは思えないほど、お店や人で賑わってました。
そうだ、ここへ来たら、富士山メロンパンを買う予定だった。
メロンパン、メロンパン。。。。。と。

P1030815あら。P1030814_2
すごい人気。
TV番組で紹介したからだ。
富士山メロンパンというより、
富士山プリン?って感じ。
諦めました。

GOGOEN-REST-HOUSEの入り口横にポストもありました。
向かいの窓口でハガキを買い、その場で投函するらしい。
スイスのユングフラウみたいだ。

P1030819

馬に乗って行ける場所もあるらしい。
乗って写真をとるだけなら、300円。少し歩いて帰ってくるだけなら1,000円。

P1030822_3 私達も、馬にくっ付いて、五合目登山口から佐藤小屋へ向かう。

P1030824jpg_4 振り向くとさっき出発した五合目が見える。
平地や下り坂が続き楽しい。・・・でも、少しでも登りの傾斜が付くと途端に息苦しくなる。侮ってはいけない。

富士山P1030831_4で唯一の水が観れる!P1030827_4
という、泉ヶ滝をみて帰ろう。

滝です。

ここから下ると佐藤小屋。
上がると六合目方面。

すれ違いに犬をつれたおじさんに会いました。
犬の4本の足にガムテープが巻かれていました。

山を下ってくる時に犬の肉球に石が入らないように防止しているらしい。

とても痛々しかった。(T_T)

1

P1030836

五合目に帰る途中に見上げた富士山頂上は近そうに見え、やっぱり遠かった。
今日はとても良く歩きました。
体は疲れたけど綺麗な空気に包まれ、天然のシャワーを浴び、パワーを貰いました。

夏の思い出。東京湾大華火祭

やっと秋が来た。・・・今年は暑かった。
先週までは35度を記録する夏日だったが、お彼岸を境に台風がやって来て気温もグッと下がり、遅ればせながら秋の風が吹き抜けている。
我儘な様だが、急にあの暑い夏の盛りを思い出す。遠い昔の事の様にも思えてくる。
・・・・。我ながら、なんて我儘なんだろう。。。sign04

毎年行っている花火大会だが、今年は1ヶ所しか行けなかった。
東京湾大華火祭
初めて行ってみた。

P1030653_2 場所は”品川ふ頭”。
こんな所には人は居ないだろう。。。と思いきや。
午後4時頃。天王洲アイルから歩いていると、何もない島にどんどん人の行列が歩いて行くではないか。
30分以上歩いたであろうか、ようやく島の先端付近にやって来ると、既に陣取っている人達で道路脇は空いている所がないくらいだ。sweat01

穴場だと思ったのだが。。。
なんとか、交差点付近に陣取り、パチリshine
右端の緑色の丸は信号機の青です。w

P1030683 花火と信号機とレインボーブリッジ。
信号が赤になるたびに目の前の道路が渋滞。どうやら車でふ頭の中をクルクルと回っているようだ。sign04
みんな、考えるな~。
来年は信号が映らない場所を選ぶぞ。

虹の郷

突然、無性に外国の空気に触れてみたくなる衝動にかられる時がある。
アジアもいいけど、ヨーロッパもいいな~。。。などと旅行代理店のパンフレットをひろげてみる。
しかし、現実は厳しい。
派遣はお休みが少ないのだ。sweat02
仕方ない、日本で我慢しよう。差し詰め、日本で外国を味わえる。。。と言えば、長崎だろうか。
味わえる。。。と言ってもだが。sweat01
あ、もっと近場にあるぞ。以前(私の以前は10年前だ)、いや、もっと前に行ったことがあるshine
そう、修善寺だ!!
修善寺 虹の郷だ。
たしか、イギリス村とカナダ村があり、広い園内は機関車の鉄道とバスが通っていたぞ。
カナダ村ではキコリのショウを上演していて、大盛況だった。
大きな丸太をノコギリで切るショウだが、誰が一番早く切ることができるかの競争だ。
一番の見どころは、ローズガーデンとフェアリーガーデン。
バラ園だが、西洋式に綺麗にデザインされていて、噴水やオブジェがあり、バラが一面に咲き乱れる様は
見ごたえがあった。
行ってみようかshine
・・・・という訳で何十年ぶりだろうか、虹の郷にやってきた。

P1030498jpg1_8

まだあった!!
ん~ん。建物の感が当時のままだ~。
正面入り口ゲートからイギリス村。街の建物も、古き良き時代の建築様式だ。
ちょうど15年前くらい経つだろうか。以前に来た時と同じゲートにちょっと安心。

P1030507jpg1_6 とても懐かしく、久々に来てみると当時の面影もなく随分と鄙びてしまっている、というケースが良くあるが
ここは大丈夫だった。shineそれにしては、綺麗に保たれていて、少々驚き。(失礼?)

P1030508jpg1_4P1030509jpg1_2イギリス村のロムニー駅。

園内はロムニー鉄道とロムニーバスが
走っていて、それぞれ何種類かある。

右横は、ジョン・サウスランドⅡ号。
他にもトーマスみたいは機関車がある。
子供には嬉しい企画♪飛びつきたいだろう。
・・・・が。人が居ない。sweat01
本日、確かに休前日 だが。

P1030513jpg1P1030523jpg1連休の人ごみを避け、平日を狙ったのだから、そこはラッキーと思うこととしよう♪

イギリス村を抜けて日本庭園。

行き交う人が「しゃくなげの森」を勧めてくれた。今が見頃だそうです。
”しゃくなげ”って日本の花じゃないのね。

広大な日本庭園を抜けて、いよいよ私のお待ちかねのロイヤル・ローズ・ガーデン。P1030524jpg1_2

あら?バラがない!!
あらら。。らら。時期が早かったぁ~sign04  ショック。一番の楽しみだったのに。。。
本当なら、あたり一面バラの国のはずです。down

P1030534jpg1_2はい。はい。
大丈夫。
この閑散状態にも、ようやく慣れてきましたよ。

カナダ村です。

やっぱり、人はいません。

チラホラ・・・という感じです。
でも、お店はちゃんとオープンしています。
店員さんもキチンとした応対。
感心。感心。
(群馬クローネンベルクのドイツ村より寂しくないぞ)

・・・と言っても、カナダ村には、この閑散状態がすごく似合っています。
カナダ!ってこんな感じ?(叱られそうですが。。。)
昔、カナダに行った時の私のイメージは、おじいさんと芝生。広い庭。植え込みした花時計。ゆったりとした時間。。。。です。(笑)

P1030533jpg1_4

おじいさん達がなにやら話をしていました。
家の後ろには、あ・ありました、カナダの国旗の”植え込み”です。w
P1030530jpg1
P1030527jpg1Romney Bus。
左が”ブライトン”
右が”ブリタニア”

乗車料金(片道)
大人:
200~400円
子供:
100~200円

ちょうどバスがやってきた。

P1030553jpg1

そろそろ歩き疲れた頃に機関車もやってきた。蒸気機関車だ。
すかさずガイドブックを開く。・・・ノーザン・ロックⅡ号らしい。 さぞかし、子供は喜び、乗りたがって大変だろう。。。。などと思っていると、行き交う中学生グループは見向きもしない。sweat01
良く見ると、いつの間にか園内には、遠足?だろうか、中学生が大勢いる。
でも、機関車に乗っているのはお年寄りだけ。・・・思春期の子供にはもう”子供だまし”なのかな~
人が乗っていなくても、カメラも向けて貰えなくても、真面目にちゃんと走る、機関車くん。エライ。エライ。
老人と子供に愛されてる機関車だもの、本望だよね。
。。。しっかり、カメラ向けてしまった私は。。。。老人なのでしょうね~。。sign04
気がつくと、バスと機関車の写真が多い。sweat02
とりあえず、”虹の郷”ここに健在!!
良かった。次回はバラの咲く時期に来よう!

久々の江ノ島

夕暮れの江ノ島。久々に行ってみました。P1020446 P1020458   

島の裏に釣りが出来る岩場があり、そこから観る夕日が懐かしく、オレンジ色の大きな太陽が沈んでゆく景色を主人に見せてあげたくて向かったのだが。
相変わらずの渋滞で、新江ノ島水族館から橋を渡るまでに1時間程かかってしまった。
あぁ。もう既に沈みかけているsweat01 間に合わないsweat01 
P1020455焦りながらも橋の上から相模湾の夕日を1枚。
諦めながらも、とりあえず島の裏まで行ってみる。
エスカーを横目に階段を駆け上がるdash                              
昔はいとも簡単に駆け上がれたように思ったが。。
流石に息切れやら思うようには体が動かない。
ようやくたどり着いた、島の裏側diamond
P1020469_3

既に太陽は沈んでしまった後だったけど、星も出ていて綺麗な海でしたshine
しかし、久々に来てみて、すっかり観光地化したことに驚きです。
昔、父と魚釣りに来た頃は(かれこれ四半世紀前ですが。。)岩しか無く、波打ち際まで降りるには岩の間に出来た道を滑りながら降りる。・・・という風だったが、今ではすっかり綺麗な道が出来ていた。
帰りの参道で面白いものを見つけました。
あさひ本店タコせんべいP1020481です。
P1020484 

P1020486 タコの形がそのままクッキリです。
1枚300円だったかな?
タコを丸ごとプレスするんです。プレスの蓋を上げると・・・
こんなペッチャンコなタコ煎餅になるんです。
綺麗な四角に切って紙に包んでくれます。
味は香ばしくってパリパリで美味しいです。
<江ノ島の展望灯台>
P1020476すっかり夜になった江ノ島。
じゃがバターを食べて帰ってきました。
今度はうららかな暖かい春の日か、熱い夏の日にまた来てみよう。展望灯台に登り、大きな太陽が沈むところを見せてあげたいな。

月島もんじゃ&トリトン

若かりし頃は、初夏や真夏の焼けるような暑さに、何かをしたくなり外に飛び出したが、今では秋の高い空と白い雲、清々しい風に誘われ、何処かに行ってみたくなる。
今日は『もんじゃ』だsign01
もんじゃ、と言えば、月島sign03 月島でもんじゃを食べてこようnotes
築地市場や、トリトンの駐車料金は以外と良心的。
parkingトリトンパーキングは1時間:400円。以降30分毎に200円。
車はトリトンに停め、歩いて月島へ。run
月島もんじゃ通りは歩行者天国だった。文字通り、もんじゃ店が立ち並ぶ通りには人が溢れ、ひと頃のもんじゃブームは去ったのかと思いきや、どのお店も席待ちで並ぶほど混んでいた。
私達の入ったお店は、おかめ
子供連れの家族や、カップル。常連さん?いろいろだ。
勿論、ほとんどは近隣から来た人達だろうが、この界隈の住人達は毎日の様にもんじゃ焼きを食べているのだろうか??
・・・店内を見渡し、ふと、素朴な疑問が湧いた。
メニューは沢山あって、わからない。sweat01
とりあえず、豚もんじゃイカお好み焼きを頼んでみた。
以前、もんじゃの作り方に非常なほどのこだわりを持った知人と訪れた事がある。それ以来、もんじゃと言うものは、素人が作れるような簡単なものではないsign03という概念が出来上がり、自分が焼くなど恐れ多く、手を出したことが無かった。・・・が。
・・・やってみると以外と簡単だった。note
notesこれに味を占め、またもや豚キムチもんじゃを注文。heartP1020412
よっぽど豚が食べたかったらしい。
やっぱり、キムチが入って、しっかりとした味の方が美味しい。

薄く筋を作り、オコゲが出来るまで待つsign01
このオコゲが美味しいのよね。notes
オコゲ半分、あと半分はトロトロの野菜やお肉を一緒にすくって食べる。この分量がいいのよ。・・・などと言いながらぶってみた。
。。。旦那さんは聞いてないようだ。sign04
デザートにあんこ巻きを追加しようと思ったが、・・・ 止めておいた。今更だが、ダイエット中だ。sign04P1020416_2 P1020419

P1020418お店を出ると旦那さんが訳の解らない風景を撮っていた。sweat01
何を写したかったのだろうかと聞いてみると、猫道を撮りたかったらしい。実際、猫が通っているかどうか は謎だが。sweat02P1020422
P1020427

佃大橋付近のリバーサイドの公園から道路へ上がる階段と対岸の聖路加タワー。階段上部にはリバーシティのビル群が見える。P1020428
階段を上り海岸を望むと勝どき橋が見える。
佃島はとても、おもしろい。昔からの家々が立ち並ぶ『和』の町かと思えば、近代的な超高層ビルが隣接している。
NHK朝ドラ『ひとみ』の世界だ。

P1020429 初見橋から海岸を望む。右が勝どき。左がトリトン。
トリトンはクリスマスにはイルミネーションで飾られデートスポットにもなるほど綺麗だが、今は未だ何も無く、普段の顔だった。
晴海~月島~佃町と3時間ちょっとのお散歩。暑くも寒くもなく、まして、もんじゃを食べるには丁度いい気候だった。confidentjapanesetea

秋の休日

アメリカでは大統領選挙が架橋を迎えている頃。
秋の高く澄んだ空と柔らかな日差しの休日。
突然、餃子が食べたくなった。
flairそうだ。箱根へ行こうsign03
なぜ、箱根かというと、確か、餃子センターという店があったはずshine
味は覚えていないけど、場所は覚えている。catface
こんな日に家に居ては勿体無い。ドライブも兼ねて一石二鳥だnotes
家を出たのは11時頃。
原宿交差点辺りは混んでいたが、遅く出た割には往路は案外スムーズだった。連休の中日のせいだろう。
P1020391_2
西湘バイパスから観た空と海は穏やかで、雲から海に差し込む光の筋が神々しく、全てを癒しているようだった。
小田原の合流渋滞を抜け、箱根山を登ると、上がったり下ったり、曲がったり、まるでジェットコースターの様な細い道は車と人で込み合っていた。sweat01
紅葉も未だだというのに以外。sweat01恐るべし連休。sweat02
餃子センターは強羅駅からほど近い場所にある。
10年前に行った時は外人さんも多く、起用に箸を遣っていた。
今回もsign01・・の期待は反れ、外人さんは居なかったが、客さんの入りはまずまずだった。
私は水餃子定食を、主人はノーマル餃子定食を。
餃子の種類は沢山あるようだ。
隣の人は『揚げ水餃子定食』らしい。え”sweat01そんなのがあったのかと、隣の芝生は青く見える。sweat02
とはいえ、念願の餃子を食べ、目的は果たせ、満足note
お店がまだあったことにも、嬉しさ倍増。
あんまり、がっついてたので、お店と餃子の写真を撮るのを忘れてしまったが、外で待っている間、いいものが撮れた。shine
P1020394
飛行機雲です。diamond
とても久しぶりに観た気がする。P1020395
子供の頃は田舎だったので珍しくも無かったが、都会ではくっきりはっきりとした飛行機雲を観た記憶が無く、さえぎるものが何も無い大空に引かれた真っ直ぐな白線に、懐かしさを感じた。
そう。不意に幼馴染みに出会ったような。
普段の生活では忘れてたけれど、出会って存在を思い出したような。
往路は事故渋滞もあり、4~5時間かかり、漸く帰宅したが、気分は軽く、心の休息が出来たようだ。confident

養老渓谷in房総

10月12日。秋の爽やかな風に誘われ、房総・養老渓谷へ行って来ましたrvcar
断崖絶壁の渓谷に広がる紅葉は素晴らしく、川に沿って遊歩道があり、滝や地面一帯を埋め尽くすもみじの絨毯を楽しめるそうな。maple
主なハイキングコースは3つ。
maple滝めぐりコース(約4km)
mapleバンガロー村・弘文洞跡コース(約7.4km)
maple大福山・梅ヶ瀬コース(約9.6km)
私達は、弘文洞跡コースの中瀬遊歩道を歩いてみました。
残念なことに、紅葉にはまだ早く、木々は青々とし、もみじの絨毯などは夢の夢でした。 sweat02P1020345_3

弘文洞跡
です。
約140年前、耕地開拓のため蕪來川(かぶらいがわ)を川廻しして作った隧道跡。
隧道は昭和55年5月に崩壊したが、今は史跡・景勝地となっている。(養老渓谷旅館組合・マップによる)
P1020342_4 







川沿いの道にベンチが置かれ、休憩しながら隧道を眺めることが出来ます。
川に置かれた大きな石をピョンピョンと渡ると向う岸に着きます。日常生活には無い粋な橋に心は童心に返りますshine

Photo_2 観音橋
養老川にかかる2連の太鼓橋。
朱塗りの手すりが一際目立ってます。
Photo






この橋を渡り山を上ると出世観音があります。
え”この出世って、源頼朝のからきてるらしいsign01
こんな遠い所まできて鎌倉の頼朝に縁があるなんて、驚き。
出世観音
源頼朝が石橋山の合戦で敗れ南総に逃れたとき、持参した観音像に戦勝を祈願、のち天下を平定した。以来ご神体を「再起の守護神・出世観音」とし、当山観音院に移入安置。P1020368
P1020369

それではと、私達もお賽銭を投げ出世祈願shine
気がつくと、全長7キロもあるはずなのに道のり半分で駐車場に戻ってしまいました。sweat01
道を間違えてしまったようです。sweat02
でも、お散歩には丁度いい距離でした。
今度は、紅葉の時期に梅ヶ瀬コースもみじ谷でもみじ絨毯を歩いてみたいですconfident

秋の虫 不意の訪問者

これは何ていう虫なんだろう~?Photo eye
夜、カーテンにしがみ付いているのを見つけました。moon3
窓を開けた時、部屋の灯りに向かって入ってきたのかな。
虫の音を聞き、幼い頃コオロギと遊んだ話をしていたので、この不意の訪問者に歓喜したshine
種類は何だろう???
秋の虫図鑑を観てみた。
ヤブキリ?クサキリ?ウスイロササキリ??
なんて沢山の種類があるのだろうsweat01
結局見分けられなかったsign04
それにしても、家の中で秋を感じられるなんて・・。
ちいさな秋の訪問者に感謝notes

中秋の名月

2008年中秋の名月は9月14日(日)でした。fullmoon
秋だなぁ~maple
お月見にはやっぱり、ススキだろう~flair
という訳でススキを採りに行くことにしました。
でも、何処に??箱根???
主人が通勤途中でみかけたsign01・・・というので早速、rvcardash
ありました!!
でもこれ、ススキsign02
私の身長よりはるかに大きく、中央分離帯に聳え立っている。sweat01
Photo_2それに、何かのシッポみたいにひろがっているsweat01
でも、ま~。は・華やかだし。。。
採ってきて、ベランダに飾ってみました。
あとは、お団子。
お団子は作ったものの、餡子がない。down
flair
冷蔵庫にある手作りブルーベリージャムだsign03
餡子の代わりにブルーベリージャム。
和と洋でチグハグな感はあるが、雰囲気は出たshine
因みに、私は最近まで「中秋の名月」を「旧秋の名月」と思っていた。
遠い平安の昔から、人々はまた更に昔を懐かしみながら月を眺めて情緒に浸ってきたのだろうnotes其れゆえ、旧秋の名月かと、勝手に想い、幼少の頃からお月見には、ススキを飾って、オハギを食べてきた。
ある日、主人に「もっ一回言ってみてごらん」と言われ、初めて知った。sign04。えっ。sweat01ちゅう秋??
・・・他にも覚えがある。
天津甘栗をテンツアマグリと言っていた。down
後輩に「先輩、それ、人前で言わないほうがいいですよsign01」と言われ、なんで?
と考えた。
秋だろうか。maple
お月見→名月→甘栗・・・・いろんな事を思い出し、ふけってしまった。
郷愁にふけるって、・・・もしかして・・・年?ってこと?sweat02
あ。そう。・・・・お団子にブルーベリージャムは合わないです。最悪でした。
やっぱりお団子には餡子が宜しいようです。

いまどき?カモ?

せせらぎ遊歩道にまたまたカルガモの赤ちゃん誕生chickP1020281
と言っても、もう9月なんだけど。
確か、カルガモの繁殖期は晩春~初夏だったはずだけど。sweat01
全部で何羽だろう。。?
10羽?それ以上いそうです。
でも、もう随分大きくなっている。
小さい時は全員固まって団子状態だったのに、これくらいになると狭いのかな?
近くの石の上に分散しP1020280 ています。P1020279
せせらぎには散歩や訪れる人の数も多いけど、それ以上に鯉とカルガモの数が異常に多い。sweat01
毎日、朝夕とパンくずを貰い、みんなに見守ってもらえるnotes最高の環境なんでしょうね~。
今日も人だかりです。